オレンジの輪_4x.png

人生100年時代を迎える中、認知症は決して人ごとではありません。認知症になっても住み慣れた地域でいつまでも暮らし続けるため、さまざまな人が互いに支え合う「地域共生社会」が求められています。新潟日報社は県民の健康づくりを推進する「にいがた元気プラス」の柱の一つに、「地域性」を掲げています。暮らしやすい地域のため、ともに力を合わせ歩んでいきましょう。

キャンペーンは終了しました。

背景2.png
認知症topics2_3x.png
ご意見ご感想3_4x.png

紙面へのご意見・ご感想や、あなたが普段取り組んでいる健康法、健康に対する思いや気になっていることなどお寄せください。※ホームページや紙面等でご紹介させていただくことがあります。